「アフリカも世界の一部」運動

世界に関する報道が極めて乏しい内向きの日本メディア。しかし、極限られた国際面・国際ニュースにおいて、特に無視されるのはアフリカ大陸。例えば、2009年の読売新聞の国際面には、アフリカの出来事を取り上げる記事は国際面の記事数の中で、わずか3パーセントだった。世界人口の10分の1以上、世界国家数の4分の1以上、冷戦後の紛争による死者数の10分の9を占めるアフリカを、そこまで無視してもいいのか?

圧倒的に世界最大であるコンゴ民主共和国の紛争は1998年以降、540万人の死者を出しているが、報道されないため、その存在すらほとんど知られていない。イスラエル・パレスチナ紛争の死者数は、コンゴ民主共和国紛争の約800分の1。しかし日本のメディアでは、イスラエル・パレスチナ紛争に関する1ヵ月分の報道量は、コンゴ民主共和国に関する10年分の報道量を上回っている。報道がこれほどまでにバランス悪いと、世界で何が起きているのか、把握できるわけがない。そしてますますグローバル化していく世界に対応もできない。

このままじゃいけない。その思いからスタートする「アフリカも世界の一部」運動である。目的は単純。無視され続けるアフリカ大陸に関する報道量を少しでも増やすこと。しかしどのようにすれば実現できるのだろうか。手段は大量の読者・視聴者の投稿。メディア側にすれば、いくら心がこもっていても、1人の投稿は無視しやすい。しかし100人、500人、1,000人になると例えその投稿の内容が1、2行であっても、人数が増えれば増えるほど、無視しにくくなってくる。これは、全世界で大量に報道されるイスラエル・パレスチナ問題からも学べる。欧米では、イスラエルを批判するような記事が新聞に載ると、イスラエル支持者から多いときは3,000~4,000通の抗議メール・投稿が記者に届く。新聞はこのようなプレッシャーにある程度、応えざるを得ない。

 しかし何を投稿すればいいのか?効果を上げるにはコーディネートする必要がある。そこで、週に1度程度、日本で報道されないアフリカで起きた大きな出来事を一つ取り上げ、日本語でまとめて、メーリングリストを通じてメンバーに配信する。この情報を受けたメンバーは新聞・ニュース番組のネット上の投稿ページのリンクにアクセスし、情報をもとに投稿する。3分があればできること。

 この運動はメディアにプレッシャーをかけることになるのだが、もちろんメンバーのみなさんのアフリカの出来事に関する知識・意識が高まることも目指す。言いかえれば、新聞の代わりに情報を与える役割を果たすものになればよいと考えている。配信するメールにはさらに詳しく知るためのリンクも付けていく予定。この運動がみなさんの自発的な意識により広がることを願っているが、とりあえずこのメーリングリストからスタートしてみよう。

 メーリングリストのメンバーになるのは簡単。stealthconflictsforum@gmail.com にメールを送信すれば(空メールでも可)手続き完了。メールが週1度程度届くようになる。

 さて、みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらおう!

(「アフリカも世界の一部」のバックナンバーはこちら)

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。