ソマリア紛争の進展

「アフリカも世界の一部」第7

8月22日からソマリアの過激派武装勢力、アル・シャバブ(アル・カーイダともつながっている組織)が首都モガディシオで同国の暫定政府に攻撃を仕掛けてきている。そして24日に暫定政府関係者が多く泊っていたホテルを攻撃し、6人の暫定政府の国会議員を含む32人が殺された。

アル・シャバブは暫定政府を支えてきた国外勢力(アフリカ連合ソマリア・ミッション、AMISOM)に対しても、「大規模戦争」を開始すると宣言しており、AMISOMは部隊の増力が始まったばかりであった。

ソマリアは約20年間、事実上の無政府状態が続いている。2004年に暫定政府ができたものの、統治能力は首都の一部にしか及ばず、又、暫定政府そのものが国外から課されたものという印象が強く、正統性を欠いている。これまでに様々な武装勢力間の権力争いが続いてきた。

2006年にイスラム法廷会議という組織が首都の武装勢力を抑え、15年ぶりに、一種の「安定」がソマリアに訪れた。しかしその半年後、アメリカの支援を受けた隣国エチオピアは、イスラム法廷会議の中の過激派を恐れソマリアに侵攻し、イスラム法廷会議を制圧して首都を侵略した。ところが、イスラム法廷会議の崩壊から生まれた過激派のアル・シャバブなどがエチオピア軍の占領に対して激しく抵抗し、その2年後にはエチオピア軍が撤退した。アル・シャバブは残った暫定政府とそれを支えるAMISOMと戦いを続けた。

8月から始まったアル・シャバブの攻撃は果たして、「大規模戦争」の始まりなのだろうか。アル・シャバブはウガンダでもテロ攻撃をしているが、ソマリアの暫定政府とAMISOMを抑圧するほどの軍事力はなく、上記のような奇襲攻撃、テロ攻撃が続くと、専門家が見ている。

日本のメディアは最近、ソマリア紛争が原因で発生している海賊問題に関心を示しているが、なぜか肝心なソマリア紛争の実態を取り上げようとしない。読売新聞は海賊問題に関する記事は多いが、紛争に関する記事がほとんどない。24日のアル・シャバブの攻撃のことを「過激派自爆テロ」として一つの短い記事を記載したが、その文脈からは紛争の現状と背景が見えてこない。 

海賊問題が示すように、日本とアフリカの紛争を切り離すことができないものは少なくない。ソマリア紛争そのものに注目せずに、海賊問題に対する理解も改善策も生まれない。紛争のことも報道するべきではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「ソマリア紛争は激化しています。過激派武装勢力アル・シャバブが暫定政府とアフリカ連合ソマリア・ミッションに対して攻撃を増やしています。しかし、読売新聞はこの紛争が原因で発生している海賊問題を報道しているものの、紛争をほとんど取り上げていません。ソマリア紛争に注目せずに、海賊問題に対する理解も改善策も生まれません。紛争のことも報道するべきではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 ソマリアでの戦闘に関するニュース(映像)

 ソマリア紛争の進展の分析

 アル・シャバブに関する記事

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。