3月, 2011 のアーカイブ

揺れるジンバブエ

Posted in 「アフリカも世界の一部」, ジンバブエ with tags , , , , , , , , , , , , , on 3月 31, 2011 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第33 

樹立した当時から不安定なジンバブエの連立政権はすでに崩れ始めている。2009年、最大野党であった民主変革運動(MDC)は与党であったジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(Zanu-PF)と合併し、連立政権ができたが、トラブルが相次ぎ、2011年3月、MDCの党首は「離婚したい」と発言した。

MDC所属の政治家は、内閣にいながらにして、さまざまな弾圧を受けている。エネルギー大臣は汚職の疑いで今年3月、2度逮捕されているが、政治的な理由が原因だとMDCは主張している。警察を担当する大臣も、「逮捕される」という警告を受け、姿を隠している。また、議会長に任命されたMDCに所属している政治家は、それを取り消され逮捕の警告まで受けている。

1980年以来、さまざまな手段で、政権を握り続けたロバート・ムガベ大統領だが、2008年の大統領選挙をめぐり、その政権が大きな危機を迎えた。選挙ではMDCが過半数を取得したと思われたが、決着がつかず、第2ラウンドに持ち込まれた。その間、MDCとその支持者に対する暴力や脅迫が目立ち、MDCのツァンギライ党首は選挙からの辞退を表明した。国際的な圧力の末、2009年、ムガベ氏が大統領、ツァンギライ氏が首相として連立政権が樹立したが、以降も権力争いが続いてきた。

ムガベ大統領は他の多くのアフリカの指導者と同じように、北アフリカで繰り広げられている革命が自国にも飛び火することを恐れている。今年2月、元野党の政治家を含む45人が北アフリカでの現状について協議をするためにミーティングを開催しただけで反逆の罪で逮捕された。3月には保釈されたが、この事件も、ますます敏感になっているムガベ政権を表している。

日本のメディアはジンバブエ情勢をほとんど取り上げていない。例えば、朝日新聞は今年に入ってから、ジンバブエでの出来事を一度も報道していない。厳しい経済状況が続き、87歳にもなるムガベ大統領への支持は確実に減っている。今年また、大統領選挙が行われる予定である。今年中に、30年ぶりの政権交代など、情勢が大きく動く可能性が高いが、ポスト・ムガベのジンバブエの形が見えてこない。ムガベを支えてきた国軍の動きは特に懸念の対象になっている。

チュニジアでの出来事のように、革命のような大きな事件が発生してから初めて状況を報道するのは遅いのである。現時点での緊迫した状況を取り上げる必要があるのではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、朝日新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「ジンバブエの連立政権が崩れ始め、緊迫した状況が続いています。30年間続いたムガベ政権がいつ倒れてもおかしくないのです。チュニジアでの出来事のように、革命のような大きな事件が発生してから初めて状況を報道するのは遅いのです。現時点での緊迫した状況を取り上げる必要があるのではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 ジンバブエの現状に関する記事

 ジンバブエの現状に関するニュース(映像)

 ジンバブエの概要

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。 

東日本巨大地震で被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

イベント紹介:「4/1みんな集まれ!関西電力に抗議デー

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

コートジボワールの新展開

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コートジボワール with tags , , , , , , , , , , , , , , , on 3月 20, 2011 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第32 

昨年の大統領選挙以降、結果が争われ、いまだ二人の大統領状態が続くコートジボワールでは状況が悪化し、再び紛争に向かっていると懸念されている。

既に、落選したとされながら、大統領の座から降りないバグボ氏を支援する側と、当選したはずのウァッタラ氏を支援する側との間で、国の西部と南部では武装勢力の衝突が発生している。さらに、長年紛争を経験してきた隣国のリベリアからも報酬を求め、戦いなれた戦士が入ってきており、両側についているという報告もある。また、ウァッタラ氏の支援基盤の北部では約1週間、電気も水道も止められ、バグボ側によるいやがらせだとされている。

商業の中心地のアビジャン市でも衝突が続いている。ウァッタラ氏の支持者が多い郊外のアボボは特に被害を受けている。3月3日、女性によるデモに対して発砲があり、少なくとも6人の死亡が確認された。流出された事件の映像にはバグボ氏が率いる「国軍」の姿が捉えられている。現在、アビジャンの30万人を含み、45万人が難民・国内避難民となっている。

これまで仲介の試みがいくつかあったが、問題解決には近づけることができていない。この問題は、アフリカ連合(AU)の平和と安全保障理事会でも議論された。危機発生からアビジャンのホテルに立てこもっていたウァッタラ氏はエチオピア、アディスアベバにあるAU本部でこの議論に参加したが、バグボ氏本人は参加しなかった。また、コートジボワールに駐在している国連PKO(UNOCI)は8千人から1万人に増強されることが決まった。しかし、その後、バグボ氏は国連機による入国を禁じた。

カカオ産業が受けている影響はさらに拡大している。バグボ氏の資金源を阻止するため、ウァッタラ氏はカカオの輸出禁止指令を出した。これに対し、国内では実質的な権力を持つバグボ氏はカカオ産業の国営化を発表した。しかし、諸外国のほとんどがウァッタラ氏を支援しているため、バグボの利益に繋げることは出来ず、大量のカカオが港で溜まり、輸出は考えにくい。しかし、カカオの一部は隣国のガーナに密輸されているとも見られている。世界最大のカカオ生産国であるだけに国際市場への影響が大きく、30年ぶり以上の高値となっている。

これほどの進展があるにもかかわらず、日本のメディアはコートジボワールでの情勢をほとんど報道していない。朝日新聞は今年に入ってから、3月までに、コートジボワールに関する記事が1つしかなかった。3月に入り、やっと報道はあったが全体的に報道量が少ない。この大きな問題をもっと取り上げてもよいのではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。 

以下の文書のような形で、朝日新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「二人の大統領状態が続くコートジボワールでの衝突がエスカレートし、問題が悪化しています。女性のデモに対する発砲もありました。また、世界最大のカカオ輸出国家の問題であるため、カカオは30年以上ぶりの高値になっています。朝日新聞は3月に入り、やっと現状を少し報道しましたが、もっと取り上げてもよいのではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 コートジボワールの現状に関する記事

 コートジボワールの現状に関する記事2

 カカオ問題に関するニュース(映像)

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

東日本巨大地震で被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。