Archive for the コンゴ民主共和国 Category

大湖地域での進展

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コンゴ民主共和国, ルワンダ, 報道量, 大湖地域 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 9月 14, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第9

コンゴ民主共和国ルワンダウガンダなどを含むアフリカの「大湖地域」から目が離せない状況が続いている。「アフリカも世界の一部」第8号が配信されてから、いくつかの進展が見られたので、今週もこの地域に関する記事とする。

前回(第8号)で紹介したザイール(現コンゴ民主共和国)でのルワンダ政府による「ジェノサイド」騒動に対して、ルワンダはPKOからの撤退を警告したが、国連事務総長がこのような事態を防ぐために、ヨーロッパ訪問を中断し、ルワンダを緊急訪問した。この疑惑の究明のため、コンゴ民主共和国政府が集団墓地での法医学検査の実施を予定しているようである。

別の事件で、先月、コンゴ民主共和国東部で武装勢力が攻撃をかけた際、240人の女性にレイプ被害があったと報告されていた。しかし引き続きの調査で被害者が500人を超えることが判明した。また、攻撃が行われた当時、国連PKOの部隊がその現場からわずか30キロ離れたところに駐在しており、なぜ住民を守れなかったのか批判を浴びている。PKO部隊の人数不足と住民を守る意欲が問題にされているが、住民が攻撃を受けたとき、PKOの助けが呼べるように、携帯電話の電波状況が改善される必要があるという声もある。

もうひとつ、この地域での大きな出来事が報告されている。コンゴ民主共和国のカビラ大統領は三つの州(いずれも東部にある北キヴ、南キヴ、マニエマ)での鉱業活動を一時的に禁止するという指令を発表した。これらの州は鉱物資源の宝庫であり、パソコン、携帯電話などの電子回路に使われているスズ、タンタルなどが大量に採れ、金も採れる。

この地域での鉱山のコントロールをめぐる争いがコンゴ民主共和国の紛争を長引かせている大きな原因であり、この紛争と先進国とのつながりを表すものでもある。上記の武装勢力の攻撃とレイプ事件も鉱山の多い地域で起こった。カビラ大統領は紛争を長引かせている「鉱物資源搾取に関わっているマフィアのような者」の活動を阻止するために鉱業禁止に踏み切ったと述べている。

最後に、再選されたルワンダのカガメ大統領の就任式にコンゴ民主共和国のカビラ大統領が出席した。滞在期間中、二人の大統領は3度も話し合いをもったようである。カビラ大統領は国外にでることがほとんどなく、又、長い間敵対関係にあったこともあり、1998年以降、一度もルワンダを訪問していない。話し合いの内容は不明だが、この訪問が話題を呼んでいる。 

読売新聞はルワンダの「ジェノサイド」騒動に関する記事を掲載したが、それ以外の動きに関する情報は出していない。特に500人の女性がレイプされて、ニュースにならないというのは理解し難いことだろう。中央アフリカでの出来事も報道するべきではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「8月にコンゴ民主共和国で、武装勢力の攻撃で500人以上の女性がレイプの被害にあっているということがわかりました。わずか30キロ離れていたPKOの部隊は介入できず、批判を浴びています。読売新聞はこの事件を報道していません。500人がレイプされてもニュースにならないのはアフリカ大陸だけではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 国連事務総長のルワンダ訪問に関する記事

 コンゴ民主共和国でのレイプ事件に関するニュース(映像)

 コンゴ民主共和国での鉱業活動禁止事例に関する記事

※  コンゴ民主共和国の紛争への意識を高めるためのグローバル運動「コンゴ・ウィーク」が、今年は10月17~23日に世界各地で開催されます。日本でも、大阪大学を中心にいくつかのイベントを予定しています。詳細はこれからお知らせしますが、関心のある方はご一報をお願いします

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

コンゴとルワンダと国連の報告書

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コンゴ民主共和国, ルワンダ, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , on 9月 8, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第8

今年9月、国連人権高等弁務官事務所はコンゴ民主共和国における「人道に対する罪」(1993~2003年)に関する報告書を公表する予定であった。これまでになかった詳細な情報を含む500ページ以上のものになっている。

8月末に報告書の草案がマスコミに漏らされ、大きな話題を呼んだ。それは報告書の中で、様々な武装勢力による数多くの人権侵害が掲載されている中、ルワンダのジェノサイドの後にルワンダ軍がザイール(コンゴ民主共和国の旧名)で犯した復讐の虐殺も「ジェノサイド」に当たる可能性があるという文言が含まれていたからである。

ルワンダのジェノサイドで80万人ほどの死者が出たと推定されている。ジェノサイドの直後に、虐殺の主犯グループと同民族の一般住民が復讐を恐れ、隣国のザイールに逃亡したが、虐殺の主犯グループは難民キャンプの中から再軍備し、ルワンダに対して小規模の攻撃を始めた。ルワンダ政府はこれに対して難民キャンプに攻撃をかけ、ザイールに侵攻した。その際、ルワンダ軍はジェノサイドの主犯グループのみならず、一般の難民に対しても計画的に虐殺を行っていたと思われている。2~5万人の死者が出たと推定されている。

漏らされた報告書の草案内容に対して、ルワンダ政府の反発は早かった。報告書の草案の内容を「無責任」で「危険」だと主張し、強く否定した。さらに、国連が報告書を公表すれば、ルワンダ政府は国連PKOとしてスーダンなどに派遣しているルワンダ軍の部隊を撤退すると述べた。

9月2日に国連人権高等弁務官事務所は関係している国々にコメントをさせるため、公表を1カ月ほど遅らせると発表した。報告書の草案がマスコミに漏らされたのも、その執筆に関わった者が、ルワンダの圧力で内容が修正され、事実が埋もれたままになることを阻止するためであったという見方もある。

コンゴ民主共和国における人道に対する罪は決して歴史上の問題だけでない。今年8月に北キヴ州における武装勢力の攻撃の際、240人の女性がレイプされたと国連が報告している。世界最大であるコンゴ民主共和国の紛争が続く。

しかし、日本のメディアは相変わらず、このような出来事を無視し続けている。例えば、読売新聞は、この「ジェノサイド騒動」も、240人のレイプも無視しており、報道量はゼロのままである。

中央アフリカでの出来事も報道するべきではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「マスコミに漏らされた、コンゴ民主共和国における「ジェノサイド」疑惑を含む国連の報告書をめぐり、大きな外交騒動が発生しています。また、8月にコンゴ民主共和国での武装勢力による攻撃で240人以上の女性に対してレイプ事件が発表されています。読売新聞はなぜこれらの出来事を全く取り上げないのでしょうか?アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 漏らされた報告書の草案に関する記事

 報告書の草案に対するルワンダ政府の批判

 8月の北キヴ州における攻撃とレイプに関する記事 

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

Congo Week 2010に向けて

Posted in イベント, コンゴ民主共和国 with tags , , , , , , on 7月 24, 2010 by Virgil

Congo Weekは世界最大の紛争を抱えているコンゴ民主共和国(DRC)に関する意識を高めるための世界的運動である。米国NPOのFriends of the Congoがコーディネートしており、2009年には日本(大阪大学)を含む40カ国からの参加があった。

 毎年の10月に行われており、今年は10月17~23日に行われる予定。今年も何十カ国からの参加が予想されているが、10の重点都市で活動は特に注目されることになっている:ロンドン、パリ、ワシントンDC、ニューヨーク、トロント、ヨハネスバーグ、大阪、ナイロビ、キンシャサ、ゴマ。大阪での活動は期待されているようだ。

 以下はCongo Weekを紹介するビデオ。Cultures of Resistanceというドキュメンタリーからの映像であり、Friends of the Congoの代表、学生代表などがインタビューされている。ロンドン、ニューヨーク、大阪(2:05~2:22)、オークランドでのコンゴウィークの活動が取り上げられている。日本での活動に関しては、広島に落とされた原爆にコンゴからのウランが含まれていたということも注目されている。意外なところで世界はつながっている。 

Congo Weekでの「参加」というのは、何らかのイベントを開催すること。Congo Week 2009では、日本から大阪大学が参加し、セミナー、ドキュメンタリー上映、トークイベント、署名活動を実施した。アメリカなどで行われたおもしろいイベントとしてはCell outというのもあった。DRC紛争と電子産業とのつながり(タンタルなどのレアメタル問題)を意識させるために、数時間、携帯電話の電源を切り、留守番電話に「ただいま、DRC紛争と電子産業とのつながりを意識しているため、電話に出ることができません。DRC紛争で540万人の死者がでていることはご存知でした?」のようなメッセージを残すという運動だった。

 一つのセミナーあるいは勉強会を開くだけでも、Congo Weekへの参加になるので、気軽に参加できる世界的運動だと思う。今年は日本でのイベントを増やしていこう。「イベントを開催したい!」、「大阪大学でのイベントに参加したい!」、質問、アイディアなどがある方は stealthconflictsforum@gmail.com への一報をください。

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

石油と日本とコンゴの関係

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コンゴ民主共和国, メディア, 資源, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , on 7月 20, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第1

日本の石油会社が、紛争が続くコンゴ民主共和国(DRC)での石油開発に参加することになった。DRCの西部にある油田(Nganzi Block)の開発権利を持つイギリスのSOCO Internationalが、日本の国際石油開発帝石株式会社(Inpex Corp.)に20パーセントのシェアを売り、2010年7月15日から共同で掘削が開始された。

タンタル、スズ、銅、コバルトなどのような鉱物資源は、日本の電子産業に使われている部品の原料となっているが、DRCはこれらの資源の宝庫であり、紛争とも密接につながっている。このような、日本とDRCの間接的なつながりがあるにもかかわらず、日本のメディアは世界最大であるDRC紛争(1998年以降540万人の死者が発生)を無視し続けてきた。今回、日本の石油会社が直接、石油採取に関わることになった。そろそろ日本のメディアがDRCに関心を示してもよいのではないか。

また、去年、DRCの東部にあるエドワード湖でも石油が発見され、DRC政府が今年の6月18日にその油田の開発権利の一部を同じくSOCO Internationalに与えることになった。

そして東部では紛争が続いている。今月、エドワード湖のこの油田の近くで、DRCに展開しているウガンダの反政府勢力(ADF-NALU)とDRC国軍との戦いが激化し、4万人の国内避難民が出ている。

日本のメディアはなぜこの状況を報道しない?アフリカも世界の一部だ。

読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

この油田開発に関しては、この記事(英)、紛争の最新情勢に関してはこの記事(英)を参照。

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

酒井法子とコンゴと読売新聞

Posted in コンゴ民主共和国, メディア, 芸能人, 報道量 with tags , , , , on 7月 17, 2010 by Virgil

 日本のメディアはなぜ世界で最も大きな武力紛争を報道しないのか、と聞くとさまざまな理由がでる。その中、よく出てくる一つの理由は、「自分の生活とは関係がないからだ」。しかしそうであれば以下の事実はどう説明できるのか?

 (データ収集の協力:中村仁美)

読売新聞において、酒井法子の覚せい剤騒ぎの報道の1ヵ月分が世界最大のコンゴ民主共和国紛争の報道の5年分を軽く上回っている。酒井法子と我々の生活にはなんの関係があるのだろうか?そこで「自分の生活とは関係ないかもしれないけど、読者の関心がある」という理由が出てくるだろう。

 しかしその「関心」とはなんなのか。他人のプライベート生活をのぞき見がしたいという趣味が蔓延しているようだが、「まじめな」ニュースを報道しようとしているはずの新聞の議題をハイジャックするまで暴走させてよいのだろうか。

 「関心」と「報道量」は微妙な関係だ。もともと関心が強いのか、報道の「集中攻撃」をあびることで(刷り込み、洗脳)、必然的に関心をもってしまうのか。逆に、世界最大の紛争に関する報道が全くない場合、もともと関心がないと言えるのだろうか。最初から知らなければ、関心を持ちようもない。知ってしまえば、関心がわくと十分考えられるだろう。

 540万人の死者をだしている世界最大の紛争が報道されないことはそもそもおかしな話だが、たった1人の芸能人の覚せい剤問題がそこまで取り上げられるのもおかしな話だ。

 このような芸能「ニュース」のためにスポーツ新聞とワイドショーがあるのではないか。日本には世界の出来事をまじめに伝える新聞は、もはやないのだろうか。このままでは、ますますグローバル化していく世界に対応できるわけがない。

朝日新聞と紛争

Posted in コンゴ民主共和国, メディア, 報道量 with tags , , , , , on 2月 4, 2010 by Virgil

日本のメディアは世界にほとんど向けていない。新聞には日本に関する報道が25~30ページに対して、残りの全世界に関する報道はたった1~2ページであることが物語っている。これだけグローバル化が進んでいる時代にそこまで「自国」だけに着目することは理解に苦しむ。

 しかし、世界に関する報道の少なさだけが問題ではない。世界に関するわずかな報道のなかにも大きな問題がある。地域によって、報道量が極端に少なかったり、多かったりする。世界の紛争に対する報道量を見ればすぐわかる。

 以下の図は朝日新聞での3つの紛争(コンゴ民主共和国、イスラエル・パレスチナ、グルジア)に対する報道量を文字数で表している。それぞれは一見、だいたい同じレベルに見えるが、よく見ると分析の期間が全然違う。イスラエル・パレスチナとグルジアの紛争に対しては、紛争が激しかった1か月分の期間のみを測っている。ところが、この1か月分だけども、コンゴ民主共和国の紛争の報道の10年間分に相当する。

世界一大きな紛争であるにもかかわらず、コンゴ民主共和国がほとんど無視されてきている。そう考えると、日本でその存在すらほとんど知られていないのは不思議ではない。死者数でいうとこの紛争の規模はイスラエル・パレスチナの800倍、グルジアの2,700倍。どうしてこのような状況がありうるのだろうか・・・

(データ収集の協力:中村仁美)

ステルス紛争をテーマにしたイベント

Posted in イベント, コンゴ民主共和国, メディア with tags , , , , , , , on 1月 20, 2010 by Virgil

 

ステルス紛争をテーマにしたイベントを紹介します。

 —————————————————————————-

久野武志写真展「コンゴ民主共和国 消えてゆく人々」 (神戸学生青年センター)

2010年1月26日(火)~1月31日(日)

関連イベント

1月30日(土)午後1時~3時

講演&交流会 久野武志

1月31日(日)午後2時~4時 

講座「コンゴ民主共和国紛争と日本のメディア」 ヴァージル・ホーキンス

—————————————————————————-

ワン・ワールド・フェスティバル (大阪国際交流センター)

大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL)

ブース出展&セミナー

2010年2月6日(土)~7日(日)ブース出展

世界の「無視されている紛争を知ってみよう!」

ヴァージル・ホーキンス 

石井正子

2010年2月7日(日)セミナー・ワークショップ

「注目される紛争、無視される紛争」

ヴァージル・ホーキンス

石井正子

—————————————————————————-

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。