ギニア のアーカイブ

ギニアで大統領暗殺未遂

Posted in ギニア with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 7月 27, 2011 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第42号 

ノルウエーの首相を狙った爆撃が日本でも注目を集めているが、先週、別の国では誰からも注目を集めない国家元首を狙った爆撃が起きた。719日深夜、西アフリカのギニアで、大統領官邸の寝室にロケット弾が打ち込まれ、その後も、銃撃戦が2時間続いた。別の寝室で寝ていたコンデ大統領は無事だった。

コンデ大統領はテレビ演説を通じて、官邸を守りきった大統領警護隊を称賛し、「ギニアの民主主義に向けた行進はもはや止められない」と話した。当初、「暗殺未遂」として報じられたが、政府を乗っ取る計画の一環との可能性もあると、「クーデター未遂」としても報じられている。事件の数時間後、元陸軍参謀長が逮捕された。

ギニアは1958年の独立以降、独裁・軍事政権が続き、2010年12月、民主的選挙が初めて行われた。接戦となった選挙後、その結果をめぐり暴動が起きたものの、選出されたコンデ大統領が無事就任した。選挙はギニアの安定した民主主義に向けた歴史的な一歩だと期待が大きかった。

コンデ大統領が昨年就任してから、国軍の改革を進めてきた。昨年の選挙が行われるまでは、軍事政権の元で軍の幹部が権力と富を受益していたため、現大統領の改革に対して、軍事内で不満が積もっていた。また、地域内の武器拡散も問題視されている。今年4月に紛争が終結した隣国のコートジボワールからの流出が特に注目されている。その他、リベリアシエラレオネが過去に紛争を経験しており、これらの紛争もギニアの不安定の一因でもある。

ギニアはアルミニウムの原料であるボーキサイトが豊富で、世界の埋蔵慮の3分の1以上ある。この資源へのアクセスを確保するため、これまで、日本を含む先進国の政府は独裁政権の元で行われた虐殺、人権問題、非民主主義に対して、目をつぶってきた経緯がある。日本の企業もギニアでボーキサイトの探査権を持っている。今度こそ、「民主主義への行進」を見守るべきではなきだろうか。

しかし、日本のメディアはこの出来事を無視することにしている。ノルウエーの事件がNHKでトップニュースとして報じられ、新聞でも大きく取り上げられているが、ギニアでの事件は報道がない。読売新聞も朝日新聞も記事をひとつも掲載していない。一度は、報道すべき出来事ではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「7月19日、西アフリカのギニアで大統領暗殺未遂が起きました。昨年の歴史的な選挙の実施後、ギニア政府は民主主義の定着に向け、改革を進めています。このような状況の中で起きた事件を報道するべきではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 ギニアの大統領暗殺未遂に関する記事

 ギニアと国軍の問題に関する記事

 ギニアのタイムライン

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

 

広告

アフリカの選挙週間

Posted in 「アフリカも世界の一部」, アフリカ, ギニア, コートジボワール, タンザニア, ニジェール, 選挙, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , on 11月 10, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第17 

アフリカには世界の4分の1の国がある。いくつかの選挙が時期的に重なることは不思議ではない。しかしこの約1週間の間、地域の平和と安定に大きく影響する重要な選挙がいくつか行われたので取り上げたいと思う。

前回の記事で伝えたように、10月31日、コートジボワールで10年ぶりに選挙が実施された。世界最大のカカオ原産国であるこの国では、紛争が終結し、南北の対立が和らぎ、選挙が可能となった。しかし予想通り、票の過半数を獲得できる候補者はなく、現職のバグボ大統領と北部で人気の高いウアッタラ元首相が11月21日、第2ラウンドの選挙で競う。緊張感の高い選挙であるが、無事に終了すれば、コートジボワールの平和と西アフリカの安定が大きく前進すると期待されている。

同じ西アフリカのギニアでも歴史的な大統領選挙が行われたばかりである。今年6月、独立以降、初めての選挙が行われた(以前の記事を参照)が、第1ラウンドで決まらず、11月7日に第2ラウンドが実施された。この第2ラウンドに向けて、候補者の支援者による暴力が見られ、民族間の緊張感も高まっていたが、投票は無事終了した。西アフリカの安定にとって極めて重要な選挙であるが、アルミニウムの原料であるボーキサイト埋蔵量が世界の3分の1もギニアにあることから、地域外からも注目を浴びた選挙であった。

また、10月31日、東アフリカのタンザニアでも大統領選挙が行われた。現職キクウェテ大統領が再選を果たした。半自治状態のザンジバル諸島では以前、選挙時に、実施方法や結果をめぐる暴動が起こったこともあったが、今回、平和が保たれた選挙が実施された。

さらに、政治的な不安定が続く西アフリカのニジェールでも住民投票が行われた。今年2月、ニジェールではクーデターが起こったが、軍事政権は民主主義に復帰させることを誓い、10月31日、新憲法を導入するための住民投票が無事行われた。その結果、新憲法が9割の投票者に承認された。大統領選挙は来年1月に予定されている。

アフリカの国々は民主主義の観点から、多くの課題を抱えている。当然、民主主義は選挙だけにかかっているわけではない。独立した司法制度、メディアの自由、人権の尊重なども、民主主義の重要な要素である。多くの国では、政府は司法制度やメディアに対して大きな影響力を持つため、現職大統領が選挙では非常に有利であることが多い。アフリカ全体の民主主義の現状を評価する今年の調査では、改善が見られなかったという残念な結果が発表されたばかりである。

日本のテレビニュースが、アフリカの出来事を取り上げることは殆どないが、新聞上で選挙はアフリカの情報として報道される数少ない機会である。多くのアフリカの国々の情報は無視されるが、選挙があれば短い記事でその事実だけが掲載されることがパターンとなっている。しかし、選挙の情報すら掲載されないこともある。読売新聞では、今回のコートジボワール、ギニア、タンザニアの大領領選挙及びニジェールの住民投票のうち、取り上げられたのは、ギニアの選挙のみである。171字の短い記事で事実だけが伝えられた。この状態では、我々がアフリカのことを理解できるはずがない。このままでよいのだろうか。アフリカも世界の一部だ。 

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「10月31日以降、コートジボワール、ギニア、タンザニアで大統領選挙がたて続けに行われ、軍事政権が続くニジェールでも民主主義の復帰に向けた住民投票が実施されています。これらの選挙は各地域の平和と安定にとって大きな意味を持っています。しかし読売新聞はギニアの選挙のことしか取り上げず、そして事実のみを伝える短い記事となっています。アフリカでの重要な出来事に関する情報を増やしてください。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 コートジボワールの選挙の結果に関するニュース(映像)

 ギニアの選挙に関する記事

 ニジェールの住民投票に関する記事

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

不安定なアフリカの「角」

Posted in 「アフリカも世界の一部」, アフリカの角, エチオピア, ソマリア, メディア, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , on 9月 20, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第10

エチオピアソマリアエリトリアジブチが構成する「角」の形をする地域では、いくつかの紛争が激化し、不安定な状態が続いている。

以前の記事(「アフリカも世界は一部」第7号)で、ソマリアの紛争が激化し、6人の国会議員を含む多くの人が過激派武装勢力のアル・シャバブの攻撃で殺されたと伝えたが、この紛争が続いている。

アフリカ連合のミッション(AMISOM)は約1,000人の増加で7,200人の部隊となったが、ソマリアの「暫定政府」とAMISOMは首都の一部しかコントロールできない状況が続いている。首都モガディシオの空港と大統領官邸はこの2週間の間も、アル・シャバブの攻撃を受けている。これらを守ることが精一杯というのが現状である。AMISOMの人数不足は問題ではあるが、装備・設備不足と兵士の給料の低さも指摘されている。

 また、アル・シャバブは、多くの人道支援団体に対して、キリスト教と西洋のイデオロギーを普及しようとしていると指摘し、「活動禁止令」を出している。140万人以上の人が避難民になっているソマリアでは、これが人道問題のさらなる悪化につながりかねない。

 もうひとつ、激化している紛争はエチオピアの東部にあるオガデン地域である。1897年にソマリアを植民地にしていたイギリスはエチオピアとの取引でオガデン地域をエチオピアに譲ることになった。ソマリアにとっては、歴史的に「失われた領土」のひとつだという認識があり、1977年にエチオピアから取り返そうと、ソマリアは戦争を仕掛けたが、ソマリアを支援していたソ連がエチオピアに寝返り、失敗に終わった。

 1990年代、オガデン民族解放戦線(ONLF)が独立、もしくは自治を求めて反政府勢力として軍事活動を開始した。2007~2008年に紛争が特に激化し、2007年にONLFがオガデン地域にある中国資本の油田に攻撃をかけた。また、国境をめぐりエチオピアと敵対関係が続くエリトリアが、ONLFを支援しているとされている。2010年に入ってから、エチオピアはONLFのいくつかの派閥と和平合意をしていると主張しているが、ONLFはこれを否定している。

 今年9月、ONLFの部隊がソマリランドからオガデンに入り、エチオピアの国軍と激しく争っていると報告されている。エチオピア政府は123人の武装勢力の兵士を殺したと発表しているが、ONLFはこれを否定している。また、この紛争が悪化しているなか、今年、マレーシアの石油会社ペトロナスがオガデンから撤退を決めたようである。

ソマリアとエチオピアでのこれらの進展に対して、読売新聞は沈黙を守っており、報道はゼロのままである。ちなみに読売新聞の9月前半の報道量を見ると、芸能人、押尾被告公判への報道はアフリカ全53カ国でのすべての出来事への報道をはるかに超えている。このままでよいのだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

 「アフリカの「角」と呼ばれる地域での不安定な状況が続いています。ソマリアの首都では、暫定政府とアフリカ連合のミッションが、過激派武装勢力と激しくぶつかっており、また、エチオピアのオガデン地域でも紛争が激化しています。しかし読売新聞の報道量はゼロのままです。9月前半の報道量を見ると、芸能人、押尾被告公判への報道はアフリカ全53カ国でのすべての出来事への報道をはるかに超えています。このままでよいのでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

 英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 激化しているソマリア紛争に関する記事

 武装勢力ONLFの公式ウエブサイト

過去の記事に関する最新情報:

「アフリカも世界の一部」第2号で伝えたギニアの歴史的な選挙(7月)の第2ラウンドは9月18日に行われる予定だったが、候補の支援者が首都でぶつかり、死者1人と負傷者50人が出たため、選挙の実施が延期された。詳しくはこちら

 ※  コンゴ民主共和国の紛争への意識を高めるためのグローバル運動「コンゴ・ウィーク」が、今年は10月17~23日に世界各地で開催されます。日本でも、大阪大学を中心にいくつかのイベントを予定しています。詳細はこれからお知らせしますが、関心のある方はご一報をお願いします。 

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

Add to FacebookAdd to DiggAdd to Del.icio.usAdd to StumbleuponAdd to RedditAdd to BlinklistAdd to TwitterAdd to TechnoratiAdd to Yahoo BuzzAdd to Newsvine

ギニアで歴史的な選挙

Posted in 「アフリカも世界の一部」, ギニア, メディア, 資源 with tags , , , , , , , , , , , , on 7月 26, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第2

これまで民主主義とあまり縁がなかった西アフリカのギニア共和国。しかし実は現在、不正のほとんどない平和な選挙が実施されている最中である。1958年、フランスからの独立以来、このような選挙は初めてのことだ。6月27日に投票が開催されたが、過半数を獲得する候補者はなく、第2ラウンド(2週間以内に実施)に持ち込まれることになった。

長年、独裁者としてギニアを支配したコンテ大統領が闘病の末、2008年の年末に亡くなり、その直後にカマラ大尉がクーデタを起こした。カマラは選挙を実施することを発表したが、自分自身が出馬すると宣言したことに反対した市民によるデモ・集会が開かれた。2009年9月に首都コナクリのスタジアムでの平和的な集会に対して、治安当局が発砲し、157人の死者が出た。しかしその3ヶ月後、カマラは暗殺未遂で頭を撃たれ、政界から消え去った。防衛大臣のコナテ大将が暫定的に大統領となり、今回の選挙へ。

これまで、日本を含む先進国の政府はこのような虐殺、人権問題、民主主義のなさに対して、目をつぶってきたといっても過言ではない。それには理由がある。ギニアにはアルミニウムの原料であるボーキサイトが大量にあるからだ。世界の埋蔵慮の3分の1も。この資源へのアクセスを確保するには、どの政権であろうと、よい関係を維持する必要があると判断してきたとも言える。日本の企業もギニアでボーキサイトの探査権を持っている。

政府のリードに従っていた部分もあり、各国のメディアもほとんど無視してきたのも現実である。日本のメディアを見ている限り、ギニアの存在すらないようにも見える。今年の4月にギニアのチンパンジーが読売新聞に取り上げられたが、今回の選挙はまったく取り上げられていない。

今回の選挙には、元首相のディアロ氏と長年野党のリーダーを務めたコンデ氏が有力の候補者となっている。幸い、軍事政権のトップであるコナテ暫定大統領が出馬していない。しかし第2ラウンドの投票で大統領が決まっても、当選する候補者が得られる票数は60パーセントを下回る可能性が高いと思われている。支持していない国民も多い中、虐殺などの過去の不正を正し、国民の生活水準を上げるという期待が大きい。

また、ギニアは紛争が激化しているソマリアに850人を派兵(アフリカ連合ソマリア・ミッション、AMISOM)することが決まったということもあり、課題はたくさんある。しかしこの選挙はギニアにとって、これまでになかったチャンスだと言えよう。この歴史的な瞬間を少し注目してもいいのではないだろうか。

日本のメディアはなぜこの状況を報道しない?アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

 「ギニアで歴史的な選挙が行われている最中です。長年の独裁政権でギニアは苦しんできましたが、大量のボーキサイトを生産しているということもあり、日本を含む先進国の政府も、結果的にメディアも、目をつぶってきました。今回の選挙は不正があまり見られず、平和に実施されています。この歴史的な出来事を報道してください。アフリカも世界の一部です。」

英語での文書ですが、以下のサイトを参照に:

   ギニアの歴史・背景に関する情報はこのページこのページ

   今回の選挙に関する情報はこのページ

 「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。 みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

ギニアでの虐殺

Posted in ギニア, メディア with tags , , , , , , , , , on 10月 13, 2009 by Virgil

「コンゴウィーク」まで1週間もないときに、コンゴ民主共和国紛争に対する意識を高めるために全力を注ぐべきかもしれないが、西アフリカのギニアで起こった事件にも言及する必要があると思う。

ギニアは民主主義とあまり縁がなく、独立以降、独裁政権が続いている。2008年に24年間政権を握っていたコンテ大統領が死亡し、その直後にカマラ大尉がクーデタを起こした。それ以降、軍事政権が続いている。カマラは選挙を実施すると宣言しているが、カマラ自身が出馬すると表明した。2009年9月28日に首都コナクリのスタジアムで、この出馬に反対する国民が集会を開いたが、軍が集会に向けて発砲し、157人が死亡、1,200人以上が負傷したとみられている。

さて、日本のメディアがこの「大きな」事件をどう見たのだろうか。9月29日に朝日新聞は夕刊の8ページに101字の記事を載せた。「アフリカ西部ギニアからの報道によると、首都コナクリで28日、軍事政権に反対する市民のデモに治安当局が発砲し、多数の死傷者がでた。AFP通信は、少なくとも87人が死亡したと報じた」と。以上。それ以降の報道はなかった。読売新聞は10月1日の朝刊の7ページに246字の記事(「デモに発砲、157人死亡か/ギニア軍政」)を掲載し、それ以降取り上げることはなかった。一応、一度は載せたものの、関心はないようだ。

アフリカ以外の大陸で、これほどの事件が起こったとき、日本のメディアはここまで無視するのだろうか?他の大陸ならこれほどの沈黙は許されるのだろうか?イラク、アフガニスタン、パキスタンなどでの自爆事件を毎回毎回、大きく掲載し、分析もある。イスラエル・パレスチナでも、一つ一つの事件を丁寧に取り上げる。アメリカの高校での発砲事件でさえ、日本のメディアで注目を浴びる。

なぜ、日本のメディアは堂々とこれほどの事件を無視するのだろうか?報道すべき「世界」の一部としてなかなか認めてもらえないアフリカだから?貧しい国だから?被害者が「黒人」だから?日本の新聞はアフリカをカバーしている記者はそれぞれ一人しか派遣していないから?

実は、ギニアにはアルミニウムの原料であるボーキサイトは大量にあり、世界の埋蔵量の3分の1も占めている。この事実もあり、欧米の政府はこれまでのギニア政府による人権侵害に目をつぶることが少なくなかった。欧米のメディアも自国の政府に合わせるように報道をしたり、沈黙を守ったりしてきた。

日本の場合はどのような理由があるのだろうか?日本の企業もギニアのボーキサイト探査権を獲得しているようだが、これも一つの理由として考えられるのだろうか?それとも、ただの無関心だけで説明がつくのだろうか?

みなさん、日本のメディアはこの程度のものでよいのだろうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。