マリ のアーカイブ

マリで紛争勃発

Posted in 「アフリカも世界の一部」, マリ with tags , , , , , , , , , , , on 2月 17, 2012 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第49号 

20121月、西アフリカのマリで武力紛争が勃発した。正確には、2009年に一旦終結していた紛争が再発した。マリの北部で遊牧生活を続けてきたツアレグという民族が自治区を実現するためにマリ政府と戦っているのである。

ツアレグは現在のマリ、ニジェールアルジェリアモロッコリビアブルキナファソに渡り、サハラ砂漠でラクダの牧畜などを中心に暮らしてきた民族である。自分の生活を外部の干渉から守るために、植民地時代にはフランスの支配から、その後に作られた国家からの支配に対しても抵抗を続けてきた。しかし、1960年のマリ独立後に起きた反乱はマリ政府に容赦なく潰された。

ツアレグが悩まされてきたのは外部からの支配だけではない。197080年代には干ばつが多く発生し、環境破壊、砂漠化、人口の増加にも脅かされた。隣国に流れたり、都会に出ざるを得ない人が増え、伝統的な暮らしは崩壊に向かい、貧困が深刻化した。

このような状況を背景に、199092年、そして200609年、ツアレグの武装勢力とマリ政府との間、武力紛争が繰り広げられた。これらの紛争は、地域の情勢からも切り離せない。西アフリカの各国にも影響力を発揮しようとしていたリビアのガダフィー政権はツアレグの武装勢力を受け入れ、訓練及び武器を提供していた。一方、北西アフリカの多くの国はツアレグを抱えているため、自国にも紛争が飛び火することを懸念し、「ツアレグ問題」の収束を願っている。アルジェリア政府はマリ政府を軍事支援しているとの報告もされている。

今回の紛争の再発もリビア情勢と密接につながっている。2011年のリビア紛争の際、多くのツアレグの戦士がガダフィー政権側に加わったが、ガダフィー政権の崩壊とともに、マリのツアレグ戦士が故郷に戻り、マリ政府との新しい紛争を計画し始めた。以前の紛争に比べ、今回の紛争の大きな違いは武装の規模である。マリで反政府勢力となるグループは崩れ始めていたガダフィー政権から大量の武器をマリに流したわけである。

マリでの紛争が始まり、1ヶ月が経とうとしている。すでに2万人の難民がただでさえ水不足、食料不足で苦しんでいる隣国ニジェールなどに流れている。しかし、日本ではこの紛争が報じられていない。読売新聞には一度も記事として取り上げられていない。この北西アフリカにはアル・カイーダの支部と言われるグループも活動しており、地域全体的な不安定にもつながるこの紛争を無視してもよいのだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

20121月、西アフリカのマリで武力紛争が勃発しました。リビアのガダフィー政権崩壊とも密接につながっている紛争です。読売新聞はなぜ、この紛争を一度も取り上げていないのでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 マリ紛争に関する記事

 マリ紛争に関する分析

 マリのプロフィール

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

 

揺れるブルキナファソ

Posted in 「アフリカも世界の一部」, ブルキナファソ with tags , , , , , , , , , , , , , , , on 5月 8, 2011 by Virgil

揺れるブルキナファソ

「アフリカも世界の一部」第36 

チュニジア革命を発端に、北アフリカや中東に広がりを見せる、長年権力を握り続けてきた政権に対しての市民運動。現在メディアで、ある程度は注目されているリビア及びシリアの運動も実は氷山の一角なのである。例えば、アフリカでは、アルジェリアモロッコウガンダにおいても、デモが頻繁に実施されている。それぞれの運動は背景が異なり、必ずしも現政権の打倒だけが目的ではないが、つながりがある

もうひとつ、動きが見えているのは西アフリカのブルキナファソである。4月中旬、大統領警衛隊を含む国軍の一部が未払いの住宅手当をめぐり、反乱を起こした。1987年から大統領の座に座ってきたカンパオレ大統領は一時的に首都から逃亡せざるを得ない状態が起きてしまった。カンパオレ大統領は国軍の反乱を阻止できなかった防衛大臣を退任させ、自らが防衛大臣となった。

国軍の反乱を機に、数万人の一般市民も食料の価格上昇に対するデモを始めた。これは、カンパオレ政権に対しての不満が大きいが、経済的な問題も大きい。ブルキナファソの経済の大きな部分を担っているのは、綿花の栽培であるが、アメリカが自国の綿花栽培に大きな助成金をかけていることが大きな原因で、国際市場での綿花の価格が低く、ブルキナファソの経済成長が進まない。

ただでさえ貧困が蔓延しているブルキナファソだが、2010年年末、隣国コートジボワールでの政治対立及び紛争が発生してから、さらなる経済的打撃を受けた。内陸であるブルキナファソの輸入品の大部分はコートジボワール経由で入ってくるが、コートジボワールでのトラブルが発生してから、物流がスムースに動かなくなり、ブルキナファソの輸入が困難になったため、物価がさらに上昇した。

4月末には警察もデモに加わり、ついに複数の野党が共同声明でカンパオレ大統領の辞任を求めた。与党党首は「野党がクーデターを狙っている」と批判した。カンパオレ大統領は元々クーデターを通じて大統領になった経緯がある。

日本のメディアはブルキナファソの問題を取り上げていない。朝日新聞のウェブサイトにはブルキナファソの情勢に関する記事はひとつもない。皮肉なことに、5月1日、テレビ朝日の番組では1時間近くをかけ、隣国のマリに注目した。しかし、その番組は、「世界の村で発見!こんなところに日本人」というタイトルで、マリに住む日本人を探すための娯楽番組であった。たとえ5分でも、ブルキナファソやマリの情勢が報道されてもよいのではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、朝日新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

「チュニジア革命で始まった市民運動は北アフリカと中東だけで起きているわけではありません。ブルキナファソの政権も揺れています。国軍の反乱から始まり、現在、多くの一般市民、警察、野党などが大統領の辞任を求めています。この状況ももう少し報道してもよいのではないでしょうか。アフリカも世界の一部です。」

英語になりますが、以下のサイトを参照に:

 ブルキナファソのデモに関する記事

 綿花とブルキナファソの問題に関する記事

 ブルキナファソのタイムライン

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。