国際ニュース のアーカイブ

NHKニュースとアフリカ

Posted in 「アフリカも世界の一部」, アフリカ, メディア with tags , , , , , , , , , on 5月 14, 2012 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第50号 

国際ニュースが非常に乏しい日本のマスコミのなかで、世界の出来事の報道に最も力を入れているのは日本放送協会(NHK)である。とはいえ、NHKにおいても国際ニュースの優先順位は低い。例えば、平日の夜9時に1時間ほど放送されている「ニュースウォッチ9」に対して調査を行ったところ(20121月~3月)、国際ニュースは全体のわずか7%だった。

その内容の大半が、日本と直接関わる「アメリカ」と「北朝鮮」のニュースであった。このようなニュースももちろん重要ではあるが、グローバル化が進む現代において、世界との密接なつながりは見えてこない。より広い意味で「世界はどうなっている?」という純粋な問いも重要であり、答えることがマスコミの義務ではないだろうか。

では、アフリカの扱いはどうなっているのだろうか。調査の対象となった「ニュースウォッチ9」の3ヶ月分では、アフリカで唯一登場したのがエジプトであった。現政権に対するデモが3回ほど短く報じられ、合計2分間が与えられた。これは報道された国際ニュースの0.7%に値する

この3ヶ月、アフリカ大陸において他に報道するべきものがなかったわけではない。武力紛争では、南北スーダン紛争が激化、ソマリアでも紛争の進展があり、そしてナイジェリアでテロ爆弾、マリでクーデタが起こった。NHKでは他のニュース番組で部分的報道されることはあったものの、重要なニュースをまとめ分析する「ニュースウォッチ9」で取り上げられることは一度もなかった。

またNHKの海外支局の配置も上記のような優先順位を物語っている。29の海外支局のうち、アフリカにある支局は「アフリカ」より「中東」に近いエジプトの首都カイロのみである。

国際ニュースの量が最も多いNHKの番組は、衛星放送(BS1)のワールドWAVEという番組である。23の「世界の放送局」からニュースをかき集め、放送している。しかし、これはアフリカと南極以外の「世界」であり、アフリカの放送局はまるで存在しないかのようだ。

娯楽が中心の民放に比べ、ある程度世界に目を向けているNHKにとっても、アフリカ大陸のニュース価値は極めて低いようだ。世界最大の国家数(世界の4分の1)で構成され、世界最大の武力紛争のほとんどを抱えているアフリカ。その出来事に目を向けてもよいのではないだろうか。アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、NHKにこの状況を伝え、報道を求めよう。

このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

20121月~3月までの3ヶ月間、番組「ニュースウォッチ9」では、アフリカ大陸について報じられたニュースはエジプトのみで、合計わずか2分間でした。アフリカの出来事も報道してください。アフリカも世界の一部です。」

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

 

Yahoo! JAPAN ニュースとアフリカ

Posted in 「アフリカも世界の一部」, アフリカ, 芸能人, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , on 11月 12, 2011 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第46号 

日本では、多くの人が世界に関する情報をインターネットで入手するようになった。そこで、新聞や通信社から記事を集積しているYahoo! JAPAN ニュースの1年分(2010年)の報道(ヤフーのトップページで掲載された20,233件)を分析してみた。

まず目立ったのは、新聞、通信社と同じく、日本に関する情報が大半を占めたという結果である。国際ニュースは全体の記事数の10パーセントにすぎなかった。その中でも、世界に関するニュースだけではなく、世界にいる日本人にスポットを当てた記事も少なくなかった。また、エンターテインメントの記事は15パーセント、スポーツの記事は22パーセントと、「ソフト」なニュースは37パーセントにも上った。

また、少ない国際ニュースの中でも、アフリカ大陸に関するニュースはたった2.4パーセントしかなく、ほとんど相手にされていないということが明確である。ニュースとして取り上げられた個人・グループと比較してみよう。

すべての有名人を取り上げているわけではないが、明らかなのは、様々なスポーツのトップ選手や、スキャンダルで注目を浴びた芸能人が、たった一人でも、アフリカ全54ヵ国でのすべての出来事に対する報道量を軽く超えている。

では、わずかなアフリカに関する記事の内容を見てみよう。南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ(サッカー)を中心とした記事は全体の28パーセントも占めていた。これはスポーツのニュースではなく、ワールドカップ開催時の治安や応援に使われていたブブゼラ(プラスチック製のラッパ)などを話題にしたニュースであった。ワールドカップに関係していない南アフリカに関する記事は3件しかなかった。

ワールドカップ関連の記事を除けば、アフリカでもっとも報道された国はスーダンで、ダルフール紛争などについて、6件の記事が掲載された。5件の記事が掲載されたコートジボワールが2位で、ナイジェリアとリビアは3位(それぞれ4件の記事)であった。別の例で比較すると、アメリカのお騒がせセレブ、パリス・ヒルトンに関する記事(9件)、そしてワールドカップの試合結果を占うドイツの一匹のタコに関する記事(8件)も、どのアフリカの国よりも報道の対象となっている。

このような統計は日本のメディアの悲しい現実を反映している。ネット上のニュースでも、世界に関する情報より芸能ニュースのほうが多く、そして少ない国際ニュースの中にも、アフリカはほとんど存在しない。この現実はいつまで続くのだろうか。アフリカも世界の一部だ。

この現実を多くの人と共有しましょう。フェイスブック、ミクシー、ツィッター、ご自身のブログなどで広め、意識を高めましょう。アフリカも世界の一部です。

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

過去の記事はこのページからアクセス

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

日本の「島国意識」と「普遍的人権」

Posted in コンゴ民主共和国, メディア with tags , , , , , on 10月 3, 2009 by Virgil

Eyes on the Congoからの投稿その2

はじめまして、こんにちは。大阪大学外国語学部日本語専攻1回生の鉾久 真大と申します。

最近iPod touchを購入し、気軽にThe New York TimesやAP通信の記事を読むことが出来るようになりました。これらの記事を読んでいると、日本のメディアが伝えている情報がいかに限られているか、考えざるを得ませんでした。

NY TimesとAP通信を読みはじめて、まず驚いたのは、国際的なニュースを大きく扱っていることでした。iPod touch版NY Timesのカテゴリーでは、「WORLD」が真っ先にきています。

それに比べて日本の新聞では国際面は大体1ページ。ニュースを見ても、日本と無関係な事件や事故、災害などはさらりと流される程度で、NY Times、AP通信を読んで、初めて存在を知ったニュースは数知れません。

こんな話を友人としていると、そこに日本人の所謂「島国意識」が働いているのではないか、という意見がでました。

「日本を客観的に見てみたい」という理由で“外国語”学部の“日本語”専攻を選んだこともあり、この「島国意識」というものにもすごく興味を覚えました。

ご存知の通り、日本は四方を海に囲まれた国であるので(大陸内に国土を持っていた時代もありますが…)、陸続きの国境を持つ国と比べると、人や文化の行き来は難しいものであると思います。奈良時代の渡来僧、鑑真が来日を果たすまでに5度失敗し、失明までしたという有名な話はこのことを象徴するものだと思います(勿論、現在はこんな状態ではありませんが)。

また、江戸時代に鎖国政策を行っていたこと、そして国土を侵略された経験がほとんどないこと、これらが日本が「国内」と「国外」とを明確に区別して考えるようになった大きな要因ではないか、と思います。

この「日本は特別」という「島国意識」とでも言えるものが、報道における海外への無関心や、難民受け入れの消極性などに繋がっていると思います。

こういった問題を考えるときに決まって思い出すのは、オーストラリア国立大学のガバン・マコーマック教授が「テロ、悪、北朝鮮」『論座』2003年4月号に寄せていた拉致問題に関するコメントです。

「1977年から83年にかけての、13人の日本人拉致と90年代のスパイ船事件は間違いなく重大なものですが、一世代前の日本の行為とはスケールの点でとても比較にならないほど軽い。…自国のテロはゆっくりとしか思い出さず、またすぐ忘れてしまう、あるいは過小にしか思い出さない日本が北朝鮮のテロに大騒ぎする身勝手さが、朝鮮の南にも北にも鼻持ちならない態度に映ります。普遍的人権という枠でなく、日本のものさしの中でしか事を見ない日本の、北への憤怒は世界に通用しません。」

最後の一文が非常に胸に刺さりました。

「普遍的人権」

この意識が薄いのではないでしょうか?

命の重さは国籍など関係なく、みな同じであるべきなのに、実際は日本人の被害者が出たときだけ大きく報道し、そうでなければ対岸の火事と済ませてしまう。

今回私たちが取り組んでいるコンゴ民主共和国での紛争も、普遍的人権の観点から言えば、とても無視できるものじゃありません。

これからどんどんグローバル化が進んでいく中で、所謂先進国である日本が、「鎖国」政策をとるわけにはいきません。

国外で起こっていることを他人事だと考えず、自分と同じ人間に起こっているものと、もっと目を向ける必要があると思います。

どうか、コンゴに、そして世界中の不条理に、目を向けて下さい。

このエントリーをご覧頂き、ありがとうございました。少しでも多くの人の視野拡大に繋がれば幸いです。

鉾久 真大

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。