読売 のアーカイブ

石油と日本とコンゴの関係

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コンゴ民主共和国, メディア, 資源, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , on 7月 20, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第1

日本の石油会社が、紛争が続くコンゴ民主共和国(DRC)での石油開発に参加することになった。DRCの西部にある油田(Nganzi Block)の開発権利を持つイギリスのSOCO Internationalが、日本の国際石油開発帝石株式会社(Inpex Corp.)に20パーセントのシェアを売り、2010年7月15日から共同で掘削が開始された。

タンタル、スズ、銅、コバルトなどのような鉱物資源は、日本の電子産業に使われている部品の原料となっているが、DRCはこれらの資源の宝庫であり、紛争とも密接につながっている。このような、日本とDRCの間接的なつながりがあるにもかかわらず、日本のメディアは世界最大であるDRC紛争(1998年以降540万人の死者が発生)を無視し続けてきた。今回、日本の石油会社が直接、石油採取に関わることになった。そろそろ日本のメディアがDRCに関心を示してもよいのではないか。

また、去年、DRCの東部にあるエドワード湖でも石油が発見され、DRC政府が今年の6月18日にその油田の開発権利の一部を同じくSOCO Internationalに与えることになった。

そして東部では紛争が続いている。今月、エドワード湖のこの油田の近くで、DRCに展開しているウガンダの反政府勢力(ADF-NALU)とDRC国軍との戦いが激化し、4万人の国内避難民が出ている。

日本のメディアはなぜこの状況を報道しない?アフリカも世界の一部だ。

読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

この油田開発に関しては、この記事(英)、紛争の最新情勢に関してはこの記事(英)を参照。

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。