資源 のアーカイブ

ギニアで歴史的な選挙

Posted in 「アフリカも世界の一部」, ギニア, メディア, 資源 with tags , , , , , , , , , , , , on 7月 26, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第2

これまで民主主義とあまり縁がなかった西アフリカのギニア共和国。しかし実は現在、不正のほとんどない平和な選挙が実施されている最中である。1958年、フランスからの独立以来、このような選挙は初めてのことだ。6月27日に投票が開催されたが、過半数を獲得する候補者はなく、第2ラウンド(2週間以内に実施)に持ち込まれることになった。

長年、独裁者としてギニアを支配したコンテ大統領が闘病の末、2008年の年末に亡くなり、その直後にカマラ大尉がクーデタを起こした。カマラは選挙を実施することを発表したが、自分自身が出馬すると宣言したことに反対した市民によるデモ・集会が開かれた。2009年9月に首都コナクリのスタジアムでの平和的な集会に対して、治安当局が発砲し、157人の死者が出た。しかしその3ヶ月後、カマラは暗殺未遂で頭を撃たれ、政界から消え去った。防衛大臣のコナテ大将が暫定的に大統領となり、今回の選挙へ。

これまで、日本を含む先進国の政府はこのような虐殺、人権問題、民主主義のなさに対して、目をつぶってきたといっても過言ではない。それには理由がある。ギニアにはアルミニウムの原料であるボーキサイトが大量にあるからだ。世界の埋蔵慮の3分の1も。この資源へのアクセスを確保するには、どの政権であろうと、よい関係を維持する必要があると判断してきたとも言える。日本の企業もギニアでボーキサイトの探査権を持っている。

政府のリードに従っていた部分もあり、各国のメディアもほとんど無視してきたのも現実である。日本のメディアを見ている限り、ギニアの存在すらないようにも見える。今年の4月にギニアのチンパンジーが読売新聞に取り上げられたが、今回の選挙はまったく取り上げられていない。

今回の選挙には、元首相のディアロ氏と長年野党のリーダーを務めたコンデ氏が有力の候補者となっている。幸い、軍事政権のトップであるコナテ暫定大統領が出馬していない。しかし第2ラウンドの投票で大統領が決まっても、当選する候補者が得られる票数は60パーセントを下回る可能性が高いと思われている。支持していない国民も多い中、虐殺などの過去の不正を正し、国民の生活水準を上げるという期待が大きい。

また、ギニアは紛争が激化しているソマリアに850人を派兵(アフリカ連合ソマリア・ミッション、AMISOM)することが決まったということもあり、課題はたくさんある。しかしこの選挙はギニアにとって、これまでになかったチャンスだと言えよう。この歴史的な瞬間を少し注目してもいいのではないだろうか。

日本のメディアはなぜこの状況を報道しない?アフリカも世界の一部だ。

以下の文書のような形で、読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

(もちろん、自分自身のメッセージを書いていただくのが望ましいのだが、以下の文書をコピーしてリンク先に張り付けるのも可能)。

 「ギニアで歴史的な選挙が行われている最中です。長年の独裁政権でギニアは苦しんできましたが、大量のボーキサイトを生産しているということもあり、日本を含む先進国の政府も、結果的にメディアも、目をつぶってきました。今回の選挙は不正があまり見られず、平和に実施されています。この歴史的な出来事を報道してください。アフリカも世界の一部です。」

英語での文書ですが、以下のサイトを参照に:

   ギニアの歴史・背景に関する情報はこのページこのページ

   今回の選挙に関する情報はこのページ

 「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。 みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

広告

石油と日本とコンゴの関係

Posted in 「アフリカも世界の一部」, コンゴ民主共和国, メディア, 資源, 報道量 with tags , , , , , , , , , , , , , , , , , on 7月 20, 2010 by Virgil

「アフリカも世界の一部」第1

日本の石油会社が、紛争が続くコンゴ民主共和国(DRC)での石油開発に参加することになった。DRCの西部にある油田(Nganzi Block)の開発権利を持つイギリスのSOCO Internationalが、日本の国際石油開発帝石株式会社(Inpex Corp.)に20パーセントのシェアを売り、2010年7月15日から共同で掘削が開始された。

タンタル、スズ、銅、コバルトなどのような鉱物資源は、日本の電子産業に使われている部品の原料となっているが、DRCはこれらの資源の宝庫であり、紛争とも密接につながっている。このような、日本とDRCの間接的なつながりがあるにもかかわらず、日本のメディアは世界最大であるDRC紛争(1998年以降540万人の死者が発生)を無視し続けてきた。今回、日本の石油会社が直接、石油採取に関わることになった。そろそろ日本のメディアがDRCに関心を示してもよいのではないか。

また、去年、DRCの東部にあるエドワード湖でも石油が発見され、DRC政府が今年の6月18日にその油田の開発権利の一部を同じくSOCO Internationalに与えることになった。

そして東部では紛争が続いている。今月、エドワード湖のこの油田の近くで、DRCに展開しているウガンダの反政府勢力(ADF-NALU)とDRC国軍との戦いが激化し、4万人の国内避難民が出ている。

日本のメディアはなぜこの状況を報道しない?アフリカも世界の一部だ。

読売新聞にこの状況を伝え、報道を求めよう。このリンクから直接投稿してください。

この油田開発に関しては、この記事(英)、紛争の最新情勢に関してはこの記事(英)を参照。

「アフリカも世界の一部」運動とは?このページをアクセス。

メールの配信を希望する方はこのアドレスにメールを。

「ステルス紛争」とは?このページをアクセス。

 「アフリカも世界の一部」運動のメンバー増加にご協力をお願いします。みんなの力で「アフリカも世界の一部」だとメディアに認めてもらいましょう!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。